ブログ

2018ハンドメイドフェスタ出展します。

2018年11月16日 22:22


12月24日(祝・月)のみBブースにて。

SOYOKAZAこびと工房で出展します。


友人からの写真

2018年11月06日 16:40

イイテに来ていただいた友人から写真が届きました。

友人から

おとぎの国に飾っていただきました。

そして、友人母より


クリスマスアレンジで飾っていただきました。

ララキーホルダーを姪っ子がランドセルに付けたとの嬉しい報告もいただきました。


ご家族で本当にありがとうございます。

来ていただくだけでも大変嬉しいのに…

今後の製作の励みにしたいと思います。


イイテ蚤の市を終えて

2018年11月06日 16:31

10月28日は晴天に恵まれました。

まさに秋晴れで快適でしたね。

新作の海素材のキーホルダーも太陽光を浴びて輝き、12個旅立ちました。

作品数が少なく、販売品も現品限りで、前半の早い者勝ち状態でした。

午後見えた方、品薄で申し訳ありませんでした。


SOYOKAZAブースはこんな感じでした。


お洒落感は出せたかなと思います。


次回、イベント参加は

幕張ハンドメイドフリマのBブースでSOYOKAZA出します。

12/24(祝・月)のみです。

頑張って作品を増やします。

よろしくお願い致します。

イベント出展に向けて

2018年09月30日 23:35

ようやく涼しくなったかと思ったらつかぬ間。

台風も通過し、また暑さが戻るようです。


以下のイベントへ参加します。

2018年10月28日(日)イイテ蚤の市(船橋市坪井)

2018年12月24日(月/祝)幕張ハンドメイドフェスタBブース

着々と準備を進めております。


こびとではありませんが、そよかざの趣味で新作を作っております。

【海素材のキーホルダー】


ワインの王冠を使用しております。

デザインも異なり、海素材によっても変化が出る為、一点ものです。


素材によってまったく違います。

陰と陽をイメージして作りました。


好みの一点に出逢うといいですね。


イラストは暫くお休み予定です。気が向いたら描きます。

在庫のみ販売します。

千葉みなとdeフリマ

2018年07月01日 23:59

暑い日が続きますね。

体調お変わりありませんか?


今後の活動の参考に、7/1フリマへ行って参りました。

今回は千葉みなとdeフリマ。

まさに海のイメージです。

フリマまでの通りには開放感のある飲食店がありました。

アコースティックギターの音が流れて、リゾート感ありました。


本日は海風も強く、品物の配置やテントの重し等工夫が必要に感じました。


イメージの海雑貨も2〜3店舗ありました。

海雑貨をゆくゆく販売予定なので、候補として考えたいと思います。

夏場は日差しも強く、外気の温度も高いので、秋くらいには…。


千葉みなとは、港周辺整備されていて散歩だけでも楽しめますよ。

ケースハーバー(複合施設)は気軽に利用できます。

ちょっとした観光にいいと思います。

出展の際には、是非お立ち寄り下さいませ。

2018年活動予定

2018年06月29日 00:20

後期はハンドメードのフリーマーケットへの出展を目標にしています。


【決定】

イイテ蚤の市 10/28(日)10:00〜17:00

(船橋日大前)

【希望】…申し込み予定

■柏手作り手の市

■青空個展


【参考】…散策、見学

■湘南 七里ケ浜フリーマーケット

■にじ画廊 さん


この辺りを中心に動こうと考えております。


アートと心についての考察

2018年05月02日 17:21

今回は違った視点で記事を書こうと思います。


ある友人から手紙が届いた。友人の読んだ本のコピーとともに贈られてきた。

そこには、私の夢である施設や病院への絵の展示というアートセラピーを裏付けるような、心強い文が綴られていた。

以下「」(カッコ)内、抜粋。

「愛は、ごはんのように、定期的に摂らないと生きられないものと仮定してみる。」

その本とは、人間に必要な愛をテーマとしていた。

「こどもはおとなから愛を与えられ、おとなは、自分で愛の循環をつくり出す。」

子どもと大人との愛の動きと受け取り方を表現している。

「愛は、たとえば、ものすごくおいしい料理人の料理を食べたり、大好きなアーティストのライブを見た後、歌からも伝わってくるように、作品を通しても、込め、受け取れるものだと思います。


下線を引きましたが、作者は作品を通しても愛を贈り受け取れると語っていました。

とても共感出来る内容でした。

心を込めて、努力して出来た作品には、絵や音楽、料理にも人を楽しませる力があると私も思います。

どれも、楽しくさせるもの、心を安らげるもの、様々なジャンルがありますが、人の心を動かすものだと思います。


絵や作品は私にとって、人の書いた作文のように思います。

外国語を勉強すると、文で意思疎通がとれるように、絵も学ぶと色々なものが伝わるようになります。

色一つにとっても、深い意味があって、でも直感での気持ちの読み取りの部分もあって、相手を感じる事が出来ます。


ちょっと面白い内容だったので、ここに残しました。

新作の絵の更新も出来ずに申し訳ありません。

絵本の展示も今月あります、千葉県民の方は良かったらいらして下さい。

寄贈品のその後。

2018年03月02日 21:57

某児童養護施設の方よりお写真が届きました。


周りは少し加工させていただきました。


嬉しい限りです。

活動に賛同いただきまして、ありがとうございました。


今後も、福祉施設へ作品を届けていきたいと思います。

原画 新作 第23、24弾

2018年02月04日 23:02

雪が降ったりと寒い日が続きますね。


今回は2作が対になっております。

第23弾「いっぽぜんしん(セピア)」


第24弾「いっぽぜんしん(カラー)」


なんだか、昔の写真と現在の現像した写真みたいですね。

そういう事は意図して描いていませんが。


今回はセピアの白い絵を制作することが目的でした。

難しいので、機会があれば、また挑戦したいと思います。


Tanayaさんへは近々納品へ行きます。


もうすぐ、ひとつの夢が叶います

2018年02月03日 20:47

2017年9月に書きました、福祉事業者さま宛の絵の寄贈の件です。



今回、船橋市の某児童養護施設に飾っていただけるという話になりました。


本当にありがたく、誠に嬉しく思います。


施設へ到着しましたら、飾った風景をお写真にて頂く予定です。


私のこの素朴な活動が広まるよう、技術向上と制作時間の確保をしてゆきたいです。


励みに頑張っていきたいと思います。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>